1966年、アイビーズが上京した時、マネージャーのビル・コリンズから女性と関わることは厳しく禁じられていた。 しかし、コリンズがアイビーズを「ビッグ・ノイズ」へ売り込む際にスー・ウイングという女性(ブッキングエージェント勤務。ロンドンでも顔が広かった)を招待するようダイ・ジェンキンスに要請し、それ以後ふたりは深い仲になってしまった。 
 
1967年のある夜、ステージ終了後パークアベニューへ帰る他のメンバーと別れ、スーの家へ向かった。次の日から、演奏位置がステージ中央からサイドへと変えられた。コリンズによると他のメンバーの意向だというが、ダイにはコリンズが少しずつバンドからダイを離れさせようと仕向けていると感じた。その後、ダイが故郷にいる兄のアルウィン(ウェールズ時代のアイビーズのマネージャー)に手紙や電話でこの状況を伝え、7月14日のスウォンジーでの公演の際に兄が現在のダイとバンドの状況について問いただした。この際、兄はコリンズに詰め寄り、殴りかかる寸前にダイが割って入り、なんとかその場は収まった。しかしロンドンへ帰る車中、ロン・グリフィスもピート・ハムもそして一番の親友だったマイク・ギビンズまでもがダイには一言も口を開いてくれなかったという。 
 
7月23日、コリンズはダイの後任者はまだ誰と決まったわけではないが、これからリバプールへ探しに行くと言い、アイビーズの4人も同行した。到着したクラブにはトム・エバンスのバンドが出演しており、終了後にトムと接触。その数日後にはトムがロンドンにやって来た。このようなことから考えると、すでに「後任はトムと決めていたのだと思う」とダイは語っている。 

ダイがアイビーズの一員として最後に演奏したのは8月12日。そして、トムがアイビーズの一員として最初に演奏したのは8月20日。この間にダイはパークアベニューを去ったのだが、その日、新メンバーのトムを含む4人はリハーサルに励んでおり、ダイが別れの挨拶をしようと思っても部屋はロックされており、言葉どころか会うこともできなかった。 
 
アイビーズを辞めたダイはロンドンで音楽を続けたいと思っていた。それでスーと一緒にロンドンに残り、新しいバンドを探した。オーディションであるバンドに合格したものの、実際に一緒に演奏し、そのビーチ・ボーイズ風のサウンドに「これはどうも違うんじゃないか」と思い、辞退した。その次に合格したのがルパーツ・ピープルだった。  

 
ダイ・ジェンキンスがルパーツ・ピープル在籍時に発売されたのは、シングル1枚だけだった。プロのバンドなのに移動用の車も壊れたきり代わりを用意してくれないなど、マネージメントの酷さにうんざりしたダイはしばらくしてバンドを辞めた。その後は妻になっていたスー・ウイングとともに故郷のスウォンジーへ戻ることにした。 
 
スーはスウォンジーに戻ってからも以前と同じような職場に復帰した。ローカルの芸能エージェントで、そこは上京前のアイビーズも世話になっていた会社だった。一方ダイは自動車工として働いた。そんなある日、スーはメンバー募集をしているバンドに出会った。パワーストップというセミプロバンドで、
Powerstop with Dai
もともとはザ・フリートウッズという名前のローカルバンドだったが、
The Fleetwoods pre-Powerstop
名前を変えて再編成しているところで、リード・ギタリストを探していた。それでスーが「主人は以前アイビーズでギターを・・・」と話すと、バンド側もダイとは面識がないものの名前やアイビーズ時代のことは知っていて、バンド自らダイに会いに来た。ダイはそのバンドのオーディションを受け、その日のうちにメンバーになった。 
 
ダイはリズム・ギタリストだったが、パワーストップではリード・ギターとほとんどの曲でボーカルを担当した。5人編成のバンドで他のメンバーは、ベース、ドラムス、サックス、トランペットだった。この編成から想像がつくように、シカゴやブラッド・スウェット・アンド・ティアーズの曲が得意だった。

ダイを加えたパワーストップはBBCラジオに出演して生演奏したこともあったが、活動場所は主にサウス・ウェールズで、ダイ加入後には彼の兄のアルウィンがロード・マネージャーになり、そのまま2年ほど活動した。 
 
すべてが順調だと思っていた。しかし突然、ダイはバンドを再編成してトリオにすると打ち明けられた。それでダイは脱退し、フルタイムの自動車工になった。しばらくして自動車事故に巻き込まれ、同乗していた友人が亡くなるという事故に遭遇。そしてスーとの離婚。これらが連続して起きたのだ。 
 
1969年12月にふたりは離婚し、スーはロンドンに戻った。アイビーズのメンバーとはデビュー前から友人だったので、ロンドンへ戻った後も彼女はパークアベニューを訪れていた。そしてマイク・ギビンズの当時のガールフレンド(後、結婚)のゲイナーの部屋にしばらく同居していた。その時、ゲイナーはスーがエスコート・ガールを始めたらしいことに気づいた。この噂はバッドフィンガーにも伝わり、ピート・ハムはこの話を基に曲を作った。 

 
スー・ウイングが亡くなったのは1973年。睡眠薬の摂り過ぎによる事故死なのか自殺なのかはっきりとはわからないが、それまでにも数回の自殺未遂があることから、自殺なのではないかと言われている。
 
ダイ・ジェンキンスはその後再婚し、妻ジーンの故郷に転居して幸せに暮らしている。