1990年の デイ・アフター・デイ ライブ 1974 の日本盤発売と、1991年のジョーイのバッドフィンガー来日公演に関してはバッドフィンガー同好会がかなり協力していた。 
 
デイ・アフター・デイ ライブ 1974 は当初、豪華な付属品が計画されたようで、初期のFAXによる広報にはこんなことが書かれていた。 
 
MSI Day After Day
なお、このCDを日本発売するにあたり、歌詞、対訳、アルバム解説はもちろん、彼らの活動を物語風につづった「バッド・フィンガーの不思議な旅」 、それと当時の彼らのめずらしい写真を満載した豪華ブックレット「ディ・アフター・ディ」が付きます(予定)。   10月25日発売 ¥2884 (税込み) 
 
 
アルバム解説はバッドフィンガー同好会の上坂さんが担当したので、その分の予算をブックレット等に使おうとのことだったのか? これに続く翌年のジョーイ来日公演の準備とごっちゃになっていてあまりはっきりと覚えていないけど、「不思議な旅」は来日公演のパンフレットに姿を変えて発表されている(というか、CD用に書いていたものを途中でパンフレットに転用って感じ)。 これは僕が担当していた。 

 
その頃数回、松村雄策さんと電話・手紙で話したことがあった。 ピクチャーCDに使う写真、何かいいのはないかという話になって、権利関係をクリアしないと使えないのでジョーイに頼むみたいな感じになった。その後の手紙(ロッキング・オンの原稿用紙に書かれていた)で、ジョーイが古い写真を1枚提供してくれ、それを使うと知った。 写真を満載した豪華ブックレットというのも、権利の関係で計画だけに終わったのだろう。